フランス語のボキャブラリーを増やす方法

フランス語の勉強をしていて必ずぶち当たるのが、「どうやってフランス語の語彙を増やせばいいか?」ということ。文法という金型が頭の中にできあがっていても、そこに流す材料(単語、語彙)が無ければ、自分の言いたいことが思った通りに表現できないことになります。

Sponsored link

自分に合った覚え方をまず見つける

これが一番大事なんですが、色々試してみないとわからないんですよね。フランス語学習に関するブログはたくさんあるので、皆さん色々リサーチしてるはず。ただ、

人が勧めてるからといって自分に合うとは限らない。

ということ。この記事でもおすすめ参考書は紹介しますが、実際パラパラ〜っとめくってみて「あ、イケそう…」と思ったら、やる価値アリ。そういう第五感って教材選びでも大事だと思うので。ずっとスマホやパソコンの前にいるのが苦にならない、YouTubeの動画の方が好きという人もいれば、読むのが好きだから参考書を熟読派もいると思います。続けられるやり方が1つ2つはあるはず。

私もフランス語を始めたばかりの頃、フランス語学習に関する様々なブログを拝見させてもらいました。ただ、多くの場合が向こうで学生やってますとか、フランス語圏の人と結婚/お付き合いしてるから必要で勉強している場合がほとんど。日本で働いてる自分としては学習時間も限られるので、なるべく自分の学習スタイルに沿った方法を取り入れることが先決だと思いました。

私が語彙を増やすために実践しているのは、

  • 参考書を音読して記憶する
  • オーディオを聴きながら唱える
  • 単語アプリを使う

この3つはずっと続けている方法で、ニュースやポッドキャストを聞き取る時にとても役立っています。この方法の良いところは「音を耳に記憶させる」こと。フランス語の単語、語彙を耳になじませることで、初めて聞くニュースでも瞬時に理解できるようになることです。

スイスイ覚えられる!フランス語の音読記憶法
いは、楽しくないかもしれません。それは単純にフランス語がわからないからだと思います。この場合どうしたらいいかというと、単純に相手の言っいること、書いてあること...
ゲーム感覚で単語を覚えよう!フランス語アプリ3選
が充実してて、外出先でも隙間の時間を利用して学習できるのが嬉しいですね。私は普段のテキストでの勉強の他に、PodcastやYoutubeを利用しています。この...

この3つに、

  1. 会話のやりとり
  2. フランス映画を観る
  3. フランス語で書かれた子供用の本を読む
  4. YouTubeやフランス語の語彙を発信するSNSを観る

を不定期にやっています。

1は、ほぼ毎日フランスの友人とSkypeでしゃべったり、チャットアプリを使ってメッセージを送ったりしています。これってすごく恵まれてるんですよね…(最近気づきました)

周りにフランス人なんていない!でも覚えた語彙を使って会話力を伸ばしたい!ならオンラインでフランス語をレッスンするのが上達の近道です。「italki」なら経験豊富なプロの教師や、チューターと呼ばれるフランス語を母国語とする人達からリーズナブルにフランス語を学べます。登録は無料。レッスンごとに予約を取るシステムで安心です。私はDELFの時に特にお世話になっています。

italkiにはノートブックというユーザー同士が文章添削するシステムがあるんですが、これが素晴らしい!まず無料。普通、こういう手間がかかることって有料だったりしますが、本当に助かります。作文はアウトプット作業なので、語彙を伸ばしたいなら2〜3行(本当に2、3行で済ます人多い。長文の方が少ない)でいいので、投稿してみましょう!誰かしら添削してくれますよ。

オンラインで 話し始めよう! italki.com

2と3は、関連した状況や単語、イメージを結びつけると覚えやすくなるという脳の特徴を利用した方法です。2に関しては、単純に映画が大好き!だから。フランス語の映画を観る時、いきなり字幕を外すことを勧めない人は、思いのほか多いんですよね。フランス映画を見るのが後々苦痛になるからとか、セリフが早すぎて何言ってるか分からないから聞き取りに集中しても無意味、などなど。なので、ボキャブラリーを映画鑑賞で伸ばすというより、体感でいえば、蓄積した語彙が映画鑑賞の時に役立つ感じです。特に会話表現を磨きたいなら、映画は最高の教材ですよ。

3はイラストが豊富かつ、B1くらいあれば読めるので、イメージと単語を結びつけるやり方が合ってる自分は結構好きな方法です。あとでおすすめの本を紹介しますね。

4はスマホさえあればどこでも観れるお手軽な方法。ただ他の方法と違ってすごく忘れやすい…。

Sponsored link

まず外さない参考書はこれだ!

フランス語の語彙を学べる参考書は多く、各レベル(DELF参照)に応じて設定されているのが特徴。数が多すぎてわからない!どれを選べばいいの?と思ってる人が多いはず…ということで、私なりに選び方の基準をまとめてみました。

  • フランス語の長文を読むことがやや苦手
  • イメージと単語が一緒なら入って来やすい
  • 単語だけで覚えるのが苦痛。文章や会話に組み込まれてるなら覚えられる!
  • 読むより、聴く/話す方がやや得意、または好き

といった人には特におすすめです。

選び方の基準

  • しっかり復習できそうな薄めの1冊
  • できればCD付、音声ファイルをダウンロードできるものを選ぶ
  • ピンと来たもの
  • 好みのイラストだったり、写真やビジュアルの説明が多いもの

Progressifシリーズ

フランス語学習者には定番のCLE InternationalのProgressifシリーズ。日常生活に必要な語彙を抑えるなら、一番バランスが取れた教材だと思います。テーマ毎によく使われる単語、動詞、表現が文章や会話表現で覚えられます。ボキャブラリーの教材だけあって、1つのことを色々な言い方で表現できることを教えてくれます。薄くはありません(笑)。いずれDELF取得を考えているなら、1冊はやっておきたい。

CD付属ですが、A2-B1からは巻末のテスト用の音声のみ収録。全テキストの音声が収録されていれば、聞きながら唱えられるから、かなり効率よく暗記できる!と期待してましたが…。残念。こういう場合は、自分で音読して丸覚えするしかありません。でも良いこともあって、音読のおかげで口周りの筋肉が鍛えられるうえ、自分で何回も唱えるので記憶力も上がります。

En dialogueシリーズ

会話に重点を置いた文法、ボキャブラリーが学べるシリーズ。CLE社の中では比較的新しく、日本ではそれほど知名度がありません。小テストが5レッスン毎につくので、復習がしっかりできます。ただし音声のスピードが早く、フランス語を始めたばかりの人には1発で聞き取れないかも。普段からRFI、France Interのラジオを聞き慣れてる人なら大丈夫。逆にこれを真似してしまえば、フランス語の会話が後々苦労することはないということです。これであなたもネイティブ並みのスピードで話せるかも!?

もう1つ残念なのは、現在ボキャブラリーの方はB1までしか出てないこと。文法の方はB2-C1まで出てますが。文法の解説もProgressifに比べ、簡略化されてると思いました。私は結果的に両方使ってますが、どの教材も一長一短で1冊で完璧にできるものはないってことですね。

Sponsored link

子供用の本がおすすめ

私が大好きなのはフランスの子供向けの本!Larousseの5~8才向けの百科事典、絵解き辞典、子供の疑問に答える本、Usborneの作文の書き方が良いですね。フランスの出版社は、この手の本が本当にセンス良くて、読むだけでも楽しい!

ちなみに私がブログをやってみたいと思ったきっかけはこの本なんです。

自己紹介に始まり、小説、詩、バンド・デシネの書き方、映画のシナリオ、ブログの書き方を子供向けに書かれており、フランス語の作文入門にはピッタリ。

Mon(ma) premier(ère)シリーズ

LarousseのMon(ma) premier(ère)シリーズはイラスト豊富で、ビジュアルと語彙を結びつけて覚えられます。大型本(といっても変形A4くらいの正方形)なので、家でじっくり読んで楽しみながら学べますね。

子供の疑問に答える、がコンセプト。「なんでパパとママンは離婚するの?」など(笑)日本じゃ考えられないようなリアリティのある質問にもユーモラスに答えてくれる本です。

最近のお気に入りはめっぽうこれ。フランスの絵解き辞典。フランスの成り立ちや各地方の特色をフルカラーイラストで解説してくれます。これ読むとフランスに行きたくなりますね。

子供向けのニュースサイト、1jour1actu.comも欠かせません!各テーマがバランスよく取り上げられており、RFIで挫折しちゃった…人にはいいんじゃないかと思いますね。いずれレベルアップすればいくらでも観られますから、焦らないことです。初めてフランス語でニュースを見聞きするなら、いきなり国営放送のニュース動画を見るのではなく、1jour1actu.comみたいな良質な子供向けのサイトからかじるのがいいですよ。

読解力を上げる!フランス語ニュースサイト3選
えど、フランス語で知りたい情報を読めない、時間がかかりすぎる…それは苦痛でしかありません。 でも、これから紹介するニュースサイトを読む習慣が身につけば、フ...
Sponsored link

ゆっくりしたオーディオブックでフランス語を楽しむ

「いきなりニュースやラジオはちょっと…。でも語彙は増えてきたから、いろんなフランス語を聴きたい!」なら、Audibleで聴けるFrench Short Stories for Beginnersがおすすめ。ゆったりして聞き取りやすく、リスニングが苦手でも大丈夫。初回利用月は無料体験がつくのでお得です。他にもFrench Short Storiesで調べると、似たようなものがたくさん出てきます。音声サンプルがあるので、自分に合った音声ファイルが見つかるはず。

文法の知識はB1以上あると思う!だけど、リスニングは…という人は、French Short Stories for Intermediate Levelをどうぞ。French Short Stories for Beginnersのゆっくりしたスピードはそのままに、文法や語彙はB1以上が使われています。

Sponsored link

覚えた語彙を記憶に定着させるには

最後に。覚えたボキャブラリーを頭の中に定着させる一番シンプルな方法は、

すぐ使うこと

です。会話にしろ作文にしろ、覚えたものを使える場面が来たらチャンス!こうしたアウトプット作業がインプット作業の何倍も効果があるんです。

どうやったら話せるようになる?:フランス語をフランス語で考える
強したら話せるようになれるか」外国語を勉強している人共通の悩みだと思います。私もフランス語をやり始めの頃は漠然とした感じながら、勉強していました。世界中に文字の読めない人は大勢います。

の冒頭でも触れましたが、日常に必要なのは1500〜3000語ほど。コツコツ積み重ねていけば、決して到達不可能な数字じゃありません。覚えたら、すぐ使う。この繰り返しで表現を豊かにしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました