スイスイ覚えられる!フランス語の音読記憶法

Sponsored link

語彙は文法よりも大事

多くの学習者は、フランス語をやり始めてもしかしたら半年ぐらいは、楽しくないかもしれません。それは単純にフランス語がわからないからだと思います。この場合どうしたらいいかというと、単純に相手の言っいること、書いてあることが分かるようになれば良いのです。

つまり、語彙を増やす

せっかく文法をマスターしてても、そこに詰める材料(語彙)がなければ、空の状態でケーキを焼いて出してくれと言ってるようなもの

私自身、フランス語やり始めた時は「フランス語をフランス語のまま理解する」ことにこだわり、文法とシャドーイング重視で勉強していました。結果的に翻訳せずにフランス語を話し、読む習慣がつきましたが、語彙が圧倒的に足りない(増やそうともしなかった)せいで、自分の言いたいことが言えないジレンマに陥ってしまったのです。

初めてのフランスで語学力を打ちのめされた後、自分に特に足りないものは語彙だと悟りました。そして、語彙と会話重視の学習を半年以上続けた結果、「去年よりレベルアップしたね!」とフランスの友人に言ってもらえるまでになりました。これはすごい自信ですよ。例えて言うなら、カッスカスのケーキがバターとミルク、卵、生クリームたっぷり。かつフルーツ盛りだくさんのケーキになった感じ?でしょうか。

まずB1までの文法を詰め込む

あなたがフランス語を始めたばかりなら、まずB1レベルを目指して文法を入れるといいでしょう。B1レベルの文法まで到達すると、語彙の使用範囲もグッと広がるので、一つの指標として覚えておくといいですよ。

B1はフランス語の中級レベル。フランス語で旅行・短期滞在には対応できるレベルを指します。詳しくはこちら:DELF B1

DELF B1に受かるためにやったこと【DELF対策】
非フランス語圏の人を対象としたフランス語能力認定試験です。どんな場面で役立つかというと、フランスの大学で勉強したいのであれば、DALF C1以上あるとフラン...
Sponsored link

シャドーイングと音読記憶法

語彙が増えるとフランス語がより楽しくなることがわかったところで、語彙の増やし方を紹介しましょう。

私が実践しているのは、シャドーイングと参考書を音読して記憶する方法。この二つの方法を使い分けて、語彙(+文法)を学習・記憶しています。

両者の違いは

シャドーイング

  • 音声を聴きながら復唱する
  • 自然な発音、アクセント、イントネーションを丸覚えできる
  • リスニング強化に効果がある

シャドーイングのやり方はこちらで詳しく解説しています。

フランス語シャドーイングのやり方
ずラジオを聴く?座学で参考書を使ってまず文法から?それともYoutubeを観ながら? どれも良い方法ですが、これらは主にインプットメインの学習方法。フランス語...

音読記憶法

  • 文章を声に出して読みながら、綴りも覚えられる
  • 単語の意味を調べながら覚えるので、より深くフランス語を理解できる
  • シャドーイングよりも多くの単語と語彙が覚えられる

どちらも強制的に口を動かすので、口周りの筋肉が鍛えられるところもメリットですね。

音読記憶法の方が、俳優がセリフを覚えるように暗記して聞くので、その語彙に自分の体験や感情を乗せやすい気がします。量をこなすなら、音読記憶法を選ぶといいでしょう。

どうやったら話せるようになる?:フランス語をフランス語で考える
強したら話せるようになれるか」外国語を勉強している人共通の悩みだと思います。私もフランス語をやり始めの頃は漠然とした感じながら、勉強していました。世界中に文字の読めない人は大勢います。

今回紹介する音読記憶法は、簡単なシャドーイングができるようになってから始めてくださいフランス語の音が耳と口に馴染んでいないと、イントネーション、アンシェヌマン、リエゾンといった発音の規則を無視しながらフランス語を音読することになります。これはすごい効率悪いし、音読が意味のないものになります。まずは聞く→話すから。この二つができてから音読をやりましょう。

フランス語のリスニングを簡単にする勉強法
や動画は出回っていても「フランス語の勉強の手順、やり方」を載せているところはあまりありません。なぜでしょうか?私自身、このことに疑問を抱きつつフランス語を勉強し...

音読記憶法のやり方

さて、ここからメインの音読記憶法のやり方を紹介。今回は語彙を覚える、増やすにフォーカスしてますが、これはCDや音声ファイルのない文法書にも応用できます。

用意するもの 

  1. 使いたい参考書(イラスト入り
  2. スマートフォン、パソコン、またはボイスレコーダー
  3. 常温の飲み物

語彙を増やす時に使う参考書はイラスト入りのものを使いますこれは文字よりもビジュアルの方が記憶に残りやすいためです。音読するときはイラストを見ながら、イラストが少なくても、その単語の見た目や感情、質感など色々な情報をイメージしながら読み上げるとさらに効果が上がります。

そしてこれがとても大事ですが、音読する時は必ず録音音質にこだわりがない限り、スマートフォンの録音アプリで十分。パソコンで録音するなら、サンワサプライのUSBマイク。私は普段、発音練習の録音にこれを使っています。コスパが良くておすすめ。

ずっと音読をしてると喉が乾くので、常温もしくは温かい飲み物を用意してください。水、紅茶、常温の麦茶がおすすめ。特に、冬場は紅茶にハチミツやお砂糖を入れてほんのり甘くすると、喉の乾燥も防いでくれます。冷た〜いものは喉の動きを悪くするのでNG。

手順

  1. 覚えたいページの語彙や単語の意味を調べる
  2. 音読しながら文章を暗記する
  3. 暗記したものを暗誦して、録音する

語彙の参考書は文法に比べると、単語や類似語が多いです。なので、10ページ一気にやるのではなく、1日2〜4ページぐらいに小分けにして覚えるのが効率的。

1で、わからない単語があれば辞書を使って意味を調べます。辞書アプリを使うのが便利です。

おすすめ辞書アプリ

Dictionnaire Junior Larousse

辞書の老舗、Larousseがリリースしているの子供向け(8~12才)辞書。B1レベルで十分理解できます。子供向けの辞書なので、例文、イラストやトリビアがいっぱい。マイクのボタンをタップすると、単語を発音。ですが、30秒ぐらい遅れて発音されます…なぜか。故障ではないようなのですが、Larousseは直すつもりがなさそうですね…。発音記号の表示はありません。

テキスト

Le Petit Robert

こちらもLarousseと同じ辞書の老舗、Robert。この辞書なら、単語の概要、同義語/反対語、慣用句、動詞なら動詞活用が載っています。中学生以上向けの辞書なので、イラストはありません。発音記号の表示あり。スピーカーのボタンをタップするとすぐに発音してくれます。こちらは文字のサイズを調整できるのが高ポイント。ユーザーの視力年齢を選ばないところが嬉しいですね。

テキスト

私が使ってきた参考書

ここでは私が実際に使ってきたイラスト入りのもの、音声アリの参考書をピックアップ。Vocabulaire ProgressifシリーズはCD付きですが、巻末のテスト用のものです。なので、音読して覚える必要があります。イラストもボリュームも多く、語彙の教科書の決定版。同じことを言うにも色々な言い方があることを覚えられます。

Vocabulaire progressifシリーズ

Vocabulaire progressif du français A2-B1

Vocabulaire progressif du français B2-C1

Vocabulaire en dialogueシリーズ

耳から覚えるなら、まずこちらをおすすめ。会話重視の語彙を増やすなら、手元に置きたい参考書です。イラストが豊富でわかりやすいレイアウト。「いきなり音読はハードルが高い…」「まだ発音に自信がない…」なら、こちらのCDでシャドーイングした後、辞書で意味を調べて音読するといいですよ。

Vocabulaire en dialogue A2

Vocabulaire en dialogue B1

これらの参考書を使って、音読しながら丸暗記します。それができたら、暗誦するところを録音。ちゃんと記憶できてるかどうかチェックします。採点は甘めでOK。やたら厳しくしないことがポイントです。

復習のバイオリズムを意識する

音読記憶法の手順に慣れたら復習します。語彙の勉強も例外はありません。音読記憶法の唯一の欠点は、初回に「時間がかかる」こと。恐らく、これは年齢とフランス語の学習量に左右されると思うんですが、若い方ほど覚えること自体は早いと思います。あとは個人の学習スタイルですね要領も必要です。復習に時間をかけすぎるのは考えもの。なぜなら、復習にも「良い復習」と「悪い復習」があるからです。

もっと早く知りたかった!フランス語は復習4回で覚えられる
。でも参考書や学校は「フランス語」は教えてくれても、勉強の仕方は教えてくれません。今回は、「効果的に」しかも「効率よく」復習できる方法を紹介します。 復習のタ...

復習のバイオリズムを意識して、「得意なところは少し手抜き」「苦手なところはタイムラグを詰めて徹底的に覚える」など、復習は個人の創意工夫が活かされると思います。

おすすめYouTubeチャンネル

音読記憶法に慣れて語彙が増えてきたら、短めの動画でフランス語を楽しんでみましょう。

Konbini フランスのエンタメ好きにおすすめ

字幕付が嬉しいインタビュー中心のチャンネル。今をときめく俳優やミュージシャンに、問答スタイルであれこれ聞いちゃう”FAST LIFE”。俳優や映画監督がレンタルビデオ屋にお邪魔して、自分の好きな映画や影響を与えた作品を語る”VIDÉO CLUB”など。

Konbini -Youtube

下はフランスでいま最も人気の女優、レア・セドゥのFast Life。

Léa Seydoux – Fast Life

Brut. 読むことが得意なら

ドキュメンタリーとインタビューが中心のチャンネル。内容が結構硬派で、どの動画も字幕付です。インタビュー以外は音声がないものもあり、字で見せる構成の動画も多数あります。読むのが得意なタイプなら、こんな動画の楽しみ方もアリです。

Brut.

下はフランスでも人気の宮崎駿にフォーカスした動画。

Une vie : Hayao Miyazaki

Ina.fr フランスの全てが詰まった超定番

社会、歴史、文化、政治、スポーツ、旅行…あらゆる分野の映像アーカイブがIna.frです。フランスの近代史が映像で学べる貴重なチャンネル!あまりに膨大なので、YouTubeではカテゴリごとにチャンネルがあります。

政治 Ina Politique

歴史 Ina Histoire

社会 Ina Société

芸能 Ina Stars

スポーツ Ina Sport

旅行 Ina Voyages

これはほんの一部。もっとチャンネルがありますので、お好みのものをどうぞ。

Sponsored link

語彙を増やしてフランス語マスターを目指そう!

語彙が豊かになると、フランス語を聞くのも読むのも話すのも楽しくなります。まず、文法は金型と思ってください。そこに語彙をいう材料を入れることで色々な表現ができるようになるのです。

文法入れつつ、たくさんの語彙を増やすことがフランス語学習を続ける秘訣です。知らなかったことがどんどん分かるようになるのは、楽しいですよ!

À bientôt!

タイトルとURLをコピーしました