DELF B1に必要な文法と作文対策【DELF対策】

DELFは全てのレベルにおいて、

  • 聴解(Compréhension de l’oral)
  • 読解(Compréhension des écrits)
  • 文書作成(Production écrite)
  • 口頭表現(Production orale)

のパートにテストが設けられています。時間に余裕がないときでも対策しやすいパートの1つが、作文(文書作成Production écrite)です。今回はB1に受かるための作文対策を紹介。

Sponsored link

DELF B1の文章表現

B1の文書作成(Production écrite、通称:P.E.)は、一般的なフォーマット

  • エッセイ
  • 手紙
  • 新聞記事

の中で設定されたテーマに対して作文するテストです。ここでは「160語を使って文章作成せよ」といった単語数の条件もあるので、作文に慣れて来たら単語数も少し気にするといいでしょう。

試験対策がしやすい作文

なぜ作文が点を伸ばしやすいかというと、極端な話

読めなくても、書くことはできる

からです。長文の読みが苦手でも、作文のテクニックは上げることができます。 B1以降になると、読解のパートでは新聞の記事やエッセイ、論文を読み解く問題が出されます。これは普段から読み慣れてないと結構しんどいものです。普段から表意文字(漢字)に慣れてしまっている日本人は、音を記号化したアルファベットだけの文章を読むことが苦手です。 日本語のロジックだと「読み→書き」の順になって、どうしてもインプットに寄りがちですが、言いたいことは日本語でもフランス語でも考えられるので、あとは(フランス語で)書くだけ。読解が苦手な人こそやってほしい対策です。フランス語の文章を分析しながら読む「読解」より、こっちの方が簡単だと思いますよ。

DELFに使える筆記具【DELF対策】
入する時は… 黒か青のペン(油性・水性OK) 修正液、修正テープ ×鉛筆、シャープペンは使用不可。 消せるボールペンの定番、...
Sponsored link

B1 文章表現の採点で重視されること

こちらの記事でも書きましたが、B1のテストで重視されるのは、

この続きを読むには
タイトルとURLをコピーしました