DELF B1に必要な文法と作文対策【DELF対策】

DELFは全てのレベルにおいて、

  • 聴解(Compréhension de l’oral)
  • 読解(Compréhension des écrits)
  • 文書作成(Production écrite)
  • 口頭表現(Production orale)

のパートにテストが設けられています。時間に余裕がないときでも対策しやすいパートの1つが、作文(文書作成Production écrite)です。今回はB1に受かるための作文対策を紹介。

Sponsored link

DELF B1の文章表現

B1の文書作成(Production écrite、通称:P.E.)は、一般的なフォーマット

  • エッセイ
  • 手紙
  • 新聞記事

の中で設定されたテーマに対して作文するテストです。ここでは「160語を使って文章作成せよ」といった単語数の条件もあるので、作文に慣れて来たら単語数も少し気にするといいでしょう。

試験対策がしやすい作文

なぜ作文が点を伸ばしやすいかというと、極端な話

読めなくても、書くことはできる

からです。長文の読みが苦手でも、作文のテクニックは上げることができます。

B1以降になると、読解のパートでは新聞の記事やエッセイ、論文を読み解く問題が出されます。これは普段から読み慣れてないと結構しんどいものです。普段から表意文字(漢字)に慣れてしまっている日本人は、音を記号化したアルファベットだけの文章を読むことが苦手です。

日本語のロジックだと「読み→書き」の順になって、どうしてもインプットに寄りがちですが、言いたいことは日本語でもフランス語でも考えられるので、あとは(フランス語で)書くだけ。読解が苦手な人こそやってほしい対策です。フランス語の文章を分析しながら読む「読解」より、こっちの方が簡単だと思いますよ。

DELFに使える筆記具【DELF対策】
入する時は… 黒か青のペン(油性・水性OK) 修正液、修正テープ ×鉛筆、シャープペンは使用不可。 消せるボールペンの定番、...
Sponsored link

B1 文章表現の採点で重視されること

こちらの記事でも書きましたが、B1のテストで重視されるのは、

表現にバリエーションがあるか?

ということ。

ポイントを押さえて点数を伸ばす

文章表現はポイントを抑えれば、練習するごとに作文が楽になっていきます。B1の作文で求められることは…

同じことを言うのにどれだけ手数があるか?

1つのことを言うのに、1つしか表現がないわけじゃありません。色々な言い方があります。

テキストで学んだ単語や表現で話す:フランス語をフランス語で考える
ス語を学習してたら、フランス語は話せるようになりません。テキストを読むとき、そこで学ぶ単語表現、文法、発音を単語表現、文法、発音を習得して会話や作文で使ってや...

これにB1で求められる文法を使いながら書いていくといいです。

コネクター(conjonctions, prépositions)を使って、文章表現を豊かにしているか?

フランス語のロジックは作文の展開に「裏付け」「説明」を求めてきます。A2の時もコネクターは使ってきたと思います(Mais, donc, quand…など)。B1になると、 compléments circonstances(状況補語)を使う範囲がグッと広がります。これらを使うことで、あなたの書く文章にひとつひとつの文章をなめらかにつながり、自分の言いたいことに対して「裏付け」と「説明」ができるようになるわけです。

与えられたテーマに沿ったフォーマットで作文できているか?

エッセイ、手紙、新聞記事のいずれのフォーマット(型)から出されます。エッセイならエッセイ、手紙なら手紙の型が存在します。与えられたテーマが「記事」の型なら、その型にのっとって書きます。エッセイの型ではダメ。「フォーマット」を理解しながら、文章を書くことが大切です。これをマスターするには練習しかありません。

B1に必要な文法一覧

A2(初級)までに覚えて来た文法+下のリストで挙げた時制、状況補語などを入れて文章を作っていきます。ここで挙げた文法を本番の時に入れれば、「これだけ知ってますよ、表現できますよ」=同じことを言うのにどれだけ手数があるか?アピールできます。

  • L’imparfait
  • Le plus-que-parfait
  • Le futur antérieur
  • Le gérondif
  • Le conditionnel présent
  • Le conditionnel passé
  • Le subjonctif présent
  • Le subjonctif passé

+

  • Les pronoms relatifs (dont, qui, etc..)

+

  • Le superlatif
  • L’expression du temps, de cause, de la conséquence, d’opposition, de concession, de la condition etc.
  • L’hypothèse

これらを使いながら、コネクターで文章をなめらかにつなげていきます。

B1で使われるコネクター

ここであげたのはほんの一例。各コネクターの使い方・解説はあとで紹介する参考書と動画を使って、書きながら覚えるといいでしょう。

L’expression de cause

Parce que, comme, puisque, donc, pourtant, à cause de, grâce à, faite de, par, pour, de, car, étant donné, en raison de …

de la conséquence

donc, alors, c’est pourquoi, par conséquent, de ce fait, si bien que, de sorte que, il suffit de … pour que, trop… pour/pour que …

de temps

depuis que, pendant que, à partir de quand, de quel jour, de quelle heure…, dès que, lorsque, avant de, avant que, après que, en attendant que, jusqu’à ce que…

d’opposition

alors que, tandis que, en revanche , par contre

de concession

bien que=quoique, même si=quitte à, malgré, pourtant, toutefois=cependant=néanmoins, quand même=tout de même…

de la condition

sinon, sauf si, avec, sans, à condition de/que, à moins de/que…

L’hypothèse

au cas où, en cas de…

文章表現における展開とは?

例えば、次のようなテーマが問題で出されたとします。

長時間テレビを観ることが、子供にどんな影響を及ぼすかについて記事を書く。
この型では「記事」なので、以下の3点に絞って文章を作ります。

一般的に考えられること、テーマに関する世間の状況を述べる

書き出しはテーマの概要(大まかな説明)、それに対する世間の状況を説明します。この場合は「子供が長時間テレビを観ることは一般的に好ましくないと考えられている」とか、あなたの考えではなく、世間ではこう考えられているという状況説明をします。

メリットとデメリットを述べる

「長い時間、子供がテレビを見続けること」は、普通に考えてデメリットが多いと思われます。例えば、

  • 目が疲れる、運動不足になりやすい=健康に影響が出る
  • テレビを見ている間はそれ以外のことがしづらい=勉強しなくなる

などです。

でも、このテーマはデメリットばかりではありません。長時間テレビを見ることは健康に影響が出るけれど、知らなかった情報を手に入れたり、知識を深めることにもなります。あるいは子供がテレビに夢中になってる間、親がちょっと一息する時間を手に入れることもできるわけです。考えつくだけメリット・デメリットを出しておき、あとで取捨選択するといいです。

テーマにデメリットしかないと考えられるなら、そうした文章展開をします。

自分の意見を述べる

テーマのメリット、デメリットを述べたところで、そこに対する自分の意見を述べます。

  • 自分の意見を始めるときに使える表現、書き出し

Je crois, je pense, je suis convaincu, à mon avis, d’après moi, selon moi, quant à moi…

どの型にも使える導入句一覧

これは「今から説明するね〜」と宣言するものだと思ってください。簡単です。

  • 始めに

Tout d’abord

Tout d’abordは、「説明全体の最初」を表すので1回しか使えません。

  • 最初に、2番目に、3番目に…、もしくは最後に

En premier lieu, en deuxième lieu, en troisième lieu…, en dernier lieu

もしくは

Premièrement, deuxièmement, troisièmement…, dernièrement

  • 終わりに

Finalement /enfin / en conclusion / pour conclure / en définitive

Tout d’abordと同様、「説明全体の最後」を表すので1回しか使えません。

4番目、5番目があるなら、quatrième, cinquièmeに切り替えるだけ。「終りに」を表現するときに、pour finirを使うと少し口語的なのでここでは使いません。

マークのところは注意。「始め」と「終わり」は1回しかないので、En premier lieu / premièrement、en dernier lieu / dernièrementと取り違わないように気をつけましょう。

作文で気をつけたいこと

出されたテーマに沿った型を使って、B1に必要とされる文法と単語を使えば、十分点数を稼ぐことができます。特に以下の2点に気をつけると、点数のロスを防げます

  • 使い方に自信のない時制は使わない
  • 冠詞の使い分け(L’article indéfini, l’article défini, l’article partitif)

この二つは日本人が苦手とするものです。文章が複雑になるほど、ミスしがちなので、長い文章を書くよりも、確実に書ける文章を使った方が賢明です。時制の使い分けは下の記事でも簡単な図解を載せていますので、ぜひ活用してくださいね。

すぐ分かる日本人が苦手な時制の使い分け【日本人のためのフランス語】
いですよね。日本語で考えると、なかなか覚えることができないと思います。この時制というのは立派な文法の一つです。 日本語対訳でフランス語を勉強してきた人に...
サクッと分かるl'imparfaitの使い方 【日本人のためのフランス語】
図解で解説します。今回はl'imparfaitです。このl'mparfait、日本語で考えると、なかなかマスターできないと思います。Le passé composéとの...
Sponsored link

作文の型は書かないと身につかない!

作文は型を身につけつつ練習するのが上達の近道です。下のB1の参考書2冊は、試験の4つのパートはもちろん、作文のためのフォーマットやモデルが説明されています。試験前に1冊はやっておきたいですね。

それからこちらの動画もおすすめです。説明は英語ですが、フランス語でもすぐ理解できると思います。

ちゃんとした添削が必要なら、プロに頼む。

先ほど紹介した参考書には、「この方が好ましい」という答えは載っていますが、自分が書いた作文が文法的にあっているか?展開はおかしくないか?までは自分で確認するしかありません。

DELF作文は基本長めです。ちゃんとした添削が欲しいなら、italkiでプロに頼むのがいいでしょう。italkiにはノートブックという機能(無料でユーザー同士が添削しあう)がありますが、「この文章展開はこうした方がいい」というDELF向けの答えまでは得られないので、不安があればプロに頼む方がいいですね。


オンラインで 話し始めよう! italki.com

作文対策はトータルでメリットがある

試験対策をしている間はしんどいこともありますが、トータルで見て作文の対策はメリットが多いです。チャットにしろ、何にしろ、後先の文章表現を豊かにできます。言いたいことをフランス語で考えて、それを文章に表現しているとき、それはあなたのフランス語が伸びているときです。こうしたアウトプット作業をしていけば、フランス語がより分かりやすくなるはずです。


ここで紹介したポイントを押さえて練習していけば、B1で求められる「型」と表現が身につきますので、本番でも良い結果が出せるはずです。Bon courage et bonne chance! J’espère que vous résussirez le niveau B1!

タイトルとURLをコピーしました