DELF B1の口頭試験対策【DELF対策】

DELFは全てのレベルにおいて、 聴解(Compréhension de l’oral) 読解(Compréhension des écrits) 文書作成(Production écrite) 口頭表現(Production orale) のパートにテストが設けられています。作文(文書作成 Production écrite)と同様、時間に余裕がないときでも対策しやすいパートが、口頭表現(Production orale)です。今回はB1に受かるための口頭表現の対策を紹介。
Sponsored link

DELF B1 口頭表現の試験内容

B1の口頭表現(Production orale 通称:P.O.)は3つのパートからなります。
  • 自己紹介(Présentation)
  • 試験官とのやり取り(Dialogue)
  • 選んだテーマに対して世間の状況と受験者の見解を述べる(Monologue)
実は、文章表現と口頭表現の最後のパート「テーマに対して世間の状況と受験者の見解を述べる」は非常にリンクした内容です。 このテストは作文と同じように練習を重ねていけば点を伸ばしやすいのです。
Sponsored link

B1 口頭表現の採点で重視されること

B1で最重要視される

表現にバリエーションがあるか

はここでも適応されると思います。文章表現と同様に話すときも「コネクター」や「B1に必要な文法を使いながら説明しているか?」を気にしながら対策していくといいでしょう。P.E.とP.O.の対策はとてもよく似ています。書くか?話すか?の違いだけといってもいいくらいです。
DELF B1に必要な文法と作文対策【DELF対策】
#039;oral) 読解(Compréhension des écrits) 文書作成(Production écrite) 口頭表現(Production ...
逆にそこまで気にしなくてもいいこともあります。 こちらの記事でも触れましたが、このレベルの試験ではまだ

発音や訛り

を気にしなくていいということ。もちろん、口頭表現の時は発音やイントネーションは採点対象に入ります。でも、B2以上の試験のように発音に対してそこまで厳しくないということです。

制限時間内に全て言い切れるか

DELFのパートで、もっとも時間配分を気にしなくてはいけないのが口頭表現です。口頭試験の前は、各受験者が2つテーマを引いた後、準備時間が30分与えられます。ここで注意しなければいけないのが、引いたテーマどちらとも準備やメモを作成する必要はないということ。自分が「イケそう」と思ったテーマのみ、説明する順番やメモを用意することです。自分の言いたいこととメモさえ用意できれば、制限時間内(15分)に全部答えられると思います。反対にこの段階での準備を怠ると、本番で何も言えなくなる可能性が上がってしまいます。
Sponsored link

口頭表現の対策と効果的な練習方法

自己紹介は台本を用意する

私が有効だと思った練習の一つがこちら。自己紹介は台本を用意すること。紙でもGoogleドキュメントでもWordでもいいので、自己紹介文を書きます。
タイトルとURLをコピーしました