フランス語シャドーイングのやり方

Sponsored link

シャドーイングって何?

フランス語を勉強するときにどんな方法を使っていますか?まずラジオを聴く?座学で参考書を使ってまず文法から?それともYoutubeを観ながら? どれも良い方法ですが、これらは主にインプットメインの学習方法。フランス語を話せるようになるには、話す/書くといったアウトプットが必ず必要になってきます。でも話すには相手がいるし、簡単に話せるようになるまでどうやってアウトプットしたらいいの?できる方法があったら…と思いませんか? あるんです。それはシャドーイングです。 シャドーイングとは、 「聞こえてきた音声を復唱する」 いたってシンプルな学習方法。

どうやったら話せるようになる?:フランス語をフランス語で考える
強したら話せるようになれるか」外国語を勉強している人共通の悩みだと思います。私もフランス語をやり始めの頃は漠然とした感じながら、勉強していました。世界中に文字の読めない人は大勢います。

の記事でも解説しているように、フランス語をフランス語のまま理解し、話せるようなりたいなら、トライするべき学習方法です。

 外国語が話せるようになるには効果的なトレーニング!

聞こえてきた音声を唱えるだけで良いっていうけど、そもそもシャドーイングって何に効果があるの?って思いますよね?私が実際にシャドーイングを続けてきた中で効果が確認できたのは、次の4つです。

シャドーイングの目的と効果

  • リスニングの強化
  • スピーキングの強化
  • 発音の改善
  • フランス語をフランス語のまま理解する

すなわちフランス語を喋れるようになったことです。特に、フランス語をフランス語まま理解するというのは、外国語を話せるようになりたいなら欠かせない要素ではないでしょうか?私自身、この方法で日本語→フランス語に翻訳せずにフランス語を喋れるようになりました。この方法はリスニングの精度も上げられるので、シンプルながら効果抜群の練習方法ですよ。当たり前のことですが、口周りの筋肉が鍛えられるので、発音にも効果が出ます。

シャドーイング教材の選び方

続いて、シャドーイングに使う教材の選び方を説明したいと思います。基本的にやりたいもの、好きなテキストが音読されたファイルでOK。ここで大事なことが5つあります。解説していきますね。

自分のレベルより−1の素材を選ぶ

これ、すごく大事です。今、あなたがフランス語のレベルがB1だとしたら、A2くらいの文章構成や読み上げのスピードになっているものを選んでください。 素材を選ぶ基準はこんな感じです。

  • テキストのフランス語(Transcription)を読んで分かるような音声ファイル
  • 一度聞いて、内容がほぼ分かる音声ファイル

もちろん、自分のレベルと同じものですぐ分かるなら、それで全然大丈夫です。

上のイラストを目安に、初めはー1レベルから。それでも無理だったー…なら、自分が苦にならないレベルまで落としましょう。ツライ学習っていうのは続かないんです。このシャドーイングでは…、

成功体験を積み重ねるのが大事

だからです。最初のうちは小さな成功体験(自分でもシャドーイングできる!)を積んで行く方が先です。

音声の長さは1分程度で十分

最初は100〜150語でも結構キツイです。音声スピードにもよりますが、だいたい1分程度で十分。慣れてきたら、時間を延ばしたり、テキストの内容(文法や語彙など)のレベルを上げていきます。

楽しくやるのが大前提

音声ファイルがラジオニュースでも映画でも良いので、自分がピンときたものを選べば、楽しく続けられるはず。フランス語学習での苦行は本当に「苦しみ」にしかならないので、あまり義務感にとらわれずに肩の力を抜いてやってみましょう。我慢するところは他で発揮してください(笑)。

聞き取れなかったら…どうする?

無理しないで、レベルをー2〜5まで下げちゃいましょう。「こんなのも聞き取れないなんて!」「一発で分からないなんて!」と思わず、簡単なのにした方がいいです。シャドーイングに加え、座学で覚えた語彙や文法が蓄積されていけば、あとでわかるようになるので、気にしないことです。

Sponsored link

シャドーイングのやり方

シャドーイングがざっくりわかった点で、次はやり方です。ここはそれぞれの創意工夫が試される点でもあるんですが、自分で「ここ要らなーい」と思ったら飛ばしちゃっていいです。

シャドーイングの手順

1. リスニング 選んだ素材が1回聞いただけで内容が把握できるかチェックするステップです。

2. マンブリング 聞こえるか聞こえないかぐらいの小さい声で唱えられるかどうかテストします。これでダメなら、別の素材を探します。

3. パラレルリーディング テキストを目で追いながら、音声を復唱します。これは必ず必要ではないので、飛ばしてもいいと思います。パラレルリーディング自体は結構難しいので。

4. 意味チェック 分からない単語や構文があれば、辞書や参考書でチェックします。

5. プロソディシャドーイング ここからいよいよ本番、といっても「聞こえてきた音声を復唱するだけ」です。ただし、articles, conjonctions, prépositionsなど小さく発音されるものやenchaînements, liaisonがあるものは気をつけながらシャドーイングします。イントネーションは日本語っぽくしたり、自分が言いやすいように変えるのはダメです。ここで心がけたいのは「オウム返し」。聞こえてきたまま復唱するのがコツ。200%コピーです。 ラスラ復唱していくのが目標です。これが出来るようになると、リスニングの精度がグンとアップします。

…とここまでできれば、シャドーイングは一旦終了。余裕があればシャドーイングしたものをレキテーション(暗誦)してみてください。

参考・引用元:外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム (サイエンス・アイ新書) 門田修平/著

他に気をつけたいのが下の3つです。

イヤホンはつける

スピーカーから出した音声に自分の声が乗ると、分かりずらいので、イヤホンをつけながらシャドーイングします。

リスニングが得意な人と苦手な人だとやり方が少し変わる

「リスニングが苦手…」「DELFの時も聴解の成績が悪かった」「ラジオのニュースも何言ってるかよくわかんない」人は、リスニングが得意な人とシャドーイングのやり方が少し変わります。コツは、パラレルリーディングの時に行う「音声ファイルのテキスト(transcription)を読みながら、そして音声を聞きながら復唱」することです。といっても、純粋にテキストを目で追いながら、シャドーイングは難しいです。私もリスニングに弱い自覚があるので、やってみましたが、ほぼ不可能です。かえって見ないで復唱する方が楽そういう時は分からないところだけテキストを追いながら、復唱することに切り替えたりして工夫します。

意味がわからなければ調べる

選んだファイルで意味のわからない単語があれば、すぐに調べてOK。

録音は欠かせない

シャドーイングに慣れてきたら、やって欲しいのが録音です。分かります。やりたくないですよね?聞きたくないですよね? 私はシャドーイングだけは録音拒否派でした。ずっと。自分のド下手な発音、ジャポフランセとでも言いたくなるようなフランス語なんて聞くに耐えない!っていう感じでした。でも録音無くして進歩なしです。勇気を出してやってみましょう!慣れたら怖くありません。むしろ自分の癖やイントネーションが掴めますから、スピーキングの改善になります。

データベース化する

録音したら、ファイルに名前をつけてデータベース化します。この練習を積み重ねていくうちに、最初やっていた頃よりスラスラとフランス語に追いついている自分になれたことにビックリしました。私のポイントとしては、出来の良かったファイルには印(ラベル)をつけています。採点はかなり甘め(笑)。それが増えていくことで「こんなにできるようになったんだ!」と最初に説明した「小さな成功体験を重ねていく」ことに繋げています。

おすすめのシャドーイング教材

便利な世の中なので、無料ソースでも十分音声ファイルが拾えると思いますが、「何を選んだらいいか分からない」「ちょうどいいファイルが見つからない」人にオススメな教材を紹介します。

French Short Stories

フランス語を始めたばかりで、ちょっと自信がない…なら、Audibleで聴けるFrench Short Stories for Beginnersがおすすめ。ゆったりして聞き取りやすく、リスニングが苦手ならこのくらいスピードを落としてもいいのでは?今なら2ヵ月の無料体験がつくのでお得です。他にもFrench Short Storiesで調べると、似たようなものがたくさん出てきます。音声サンプルがあるので、自分にあった音声ファイルが見つかるはずです。 長尺のシャドーイングに挑戦したいなら、Short Stories in French for Beginnersがおすすめ。レベルはA2~B1ほどになっています。さっき紹介したものよりほんの少し早く、聞き取りやすいナチュラルなスピードです。

文法の知識はB1以上あると思う!だけど、リスニングは…という人は、French Short Stories for Intermediate Levelをどうぞ。French Short Stories for Beginnersのゆっくりしたスピードはそのままに、文法や語彙はB1以上が使われています。表紙が可愛いんですよね、これ。私もお気に入りです。

文法の知識はB1~B2くらい、RFIのFrançais Facileもだいたい聞き取れるのであれば、各カテゴリーに特化したお話が詰まったオーディオブックがおすすめ。私も挑戦してみましたが、結構キツい。このくらいのスピードで話せるようになれることを目標にすれば、相手もストレスがなく聞けると思いますね。それくらいネイティブに近いスピードです。

Le DELF 100% réussite シリーズ

DELFを受けるつもりがなくても、聴解パートの練習問題はシャドーイングにぴったり!ファイルが多く、音声は1〜2分前後がメイン。レベルが掴みやすいのでオススメです。

Sponsored link

シャドーイングのゴールは

シャドーイングのゴールは「フランス語をしゃべれるようになる」です。どのくらいのレベルを目指すか、学習の程度にもよりますが、「フランス語が分かる」ようになるにはもっとも気軽に取り組める方法。 シャドーイングから始めて、次に文法や語彙、発音を入れていけば「翻訳せずに」フランス語を話せるようになります。あまり難しく考えず、楽しみながらフランス語をやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました