DELF B1に受かるためにやったこと【DELF対策】

Sponsored link

DELFを受けよう

なぜDELFが必要か?

DELFはフランスの教育省が定める、非フランス語圏の人を対象としたフランス語能力認定試験です。どんな場面で役立つかというと、フランスの大学で勉強したいのであれば、DALF C1以上あるとフランス語の試験が免除されますし、仏系の企業で働きたいのであれば、B2以上あれば応募できることが多いです。将来的にフランスに住みたい!フランス国籍を取得したいなら、B1以上が必要になります。

このテストの良いところは、初めての人でもどのレベルからでも受けられる!ところ。今回解説するB1は中級です。ここ2年くらいの流れだと、B1は出願枠はすぐ埋まってしまいます。なぜB1が人気なのか?自分なりに考えてみました。

理由1:「自立可能」とみなされるレベルだから

DELFの公式サイトにあるように、

B1レベルでは、使用者は自立可能になります。やりとりを維持すること、議論を理解、継続し、自分の見解や意見を述べることができます。日常生活の予期せぬ状況にも対処できます。

出典:日本フランス語試験センター公式サイト DELF B1

「あなたは(一応)フランス語が喋れますよ〜」ということ。ものすごく大げさな言い方すれば、フランス共和国があなたの語学力を認めたことになるので、そりゃあ頑張りますよね。B1だとまだまだ流暢とは言えませんが、母国語を介さずとも旅行や短期滞在には困らないレベルということですね。

理由2:履歴書に載せても恥ずかしくないレベルだから

A1, A2は初級なので、履歴書に書けるかというと正直「無い」…です。B1は先ほど説明したようにフランス語が「一応」喋れるとみなされるレベルですから、資格欄に書いても恥ずかしくはないと思いますね。

理由3:真面目に勉強してれば比較的簡単に到達できるレベルだから

経験上、独学でも比較的簡単に到達できるレベルだと思いましたね。ものすごく難しくはないと思います。B2になると(特にリスニング)B1のそれと比べ物にならないほど、いきなりレベル上がりますが。

以上の理由から、「きちんと勉強していれば、学校に通わなくても合格する可能性が高く」「実用的なフランス語ができると認定され」かつ「履歴書にも書ける」ことから、人気が出ててるのではないかな?と思いました。

Sponsored link

B1の試験内容

A1〜B2まであるDELFの試験はすべて4つのパートから構成されています。1つのパートにつき、25点満点の得点配分。合格するためには、合計50点以上が必要です。(※1パートの最低点は5点以上必要。5点以下のパートがあった時点で不合格

  • 聴解(Compréhension de l’oral)
  • 読解(Compréhension des écrits)
  • 文書作成(Production écrite)
  • 口頭表現(Production orale)

2020年春季から試験内容が一部変わった!

2019年10月、CIEPからすでにアナウンスがありましたが、受験者のストレスを減らすことを目的に、DELF/DALFの試験内容が一部変更されました

B1では

  • 聴解(Compréhension de l’oral)
  • 読解(Compréhension des écrits)

筆記式→マークシート式に変わります。かつ試験時間が10分増えます。これはリスニングが不得意な受験者にかなり嬉しいリニューアルではないでしょうか。

実際、私も新しくなった試験見本で試しましたが、DELFB1取得時よりも8点近く得点アップしました。注意事項としては、「2020年実施予定の試験では旧内容が混在する場合もある」とのこと。なので、選択マークシート式に変わっても対策はしておきたいですね!

新しくなった試験見本のダウンロードはこちら(pdfファイルで開きます)

こちらで問題の音声ファイル答えが見れます。

DELFに使える筆記具【DELF対策】
入する時は… 黒か青のペン(油性・水性OK) 修正液、修正テープ ×鉛筆、シャープペンは使用不可。 消せるボールペンの定番、...

B1の採点で重視されること

B1で重視されることは1つ。

タイトルとURLをコピーしました