これで脱初心者!おすすめフランス語Podcastはコレ!

毎日フランス語を聴くことの大切さ

フランス語の基礎が出来てきたら、いつもの教材から少し離れてフランス語のラジオやPodcastを聴いてみましょう。この時に大事なのは、

  • 聴くことに集中する
  • 原稿は見ないで聴くことに徹する

の2点です。

日本人だと、外国語学習でもすぐ文字を見ることに頼ってしまう癖があると思います。ここは少し我慢して、最初何を言ってるかわからなくても、綴りが思い浮かばなくていいので、聴くことに徹してください。ということで、今回は「脱初心者を目指すフランス語のPodcast」を6つ紹介したいと思います。

Sponsored link

これで脱初心者!おすすめPodcast6選

Podcastを聴くといっても、ある程度の文法と語彙が入っていないと「ただ聞き流すだけ」の状態に陥入りがちだと思います。

ここでピックアップしたPodcastはフランス語がDELF/CEFRレベル A2以上のものに絞りました。なので、初心者の方はちょっと我慢して、手持ちの語彙や使える文法の数を増やしてからでも遅くはありません。

どうしたらもっと語彙を増やせるの?オススメの教材はある?と思ったら、下の記事を読んでみてくださいね。

フランス語のボキャブラリーを増やす方法
せばいいか?」ということ。文法という金型が頭の中にできあがっていても、そこに流す材料(単語、語彙)が無ければ、自分の言いたいことが思った通りに表現できないことに...

RFI Français Facile

フランス語学習者定番のpodcast。語彙や文法の使用範囲からしてリスニングが苦手でなければ、DELF/CEFRレベルがB1以上でほぼ聞き取れると思います。

私はリスニングがとても苦手で、DELF B1の受験前は内容がよく分かりませんでした。そこで、リスニングと語彙を強化した結果、やっと1発で聞き取りOK、内容が分かるようになりました。経験上、こうしたニュース系のpodcastを素早く聞き取れるようになるには、文法よりも語彙を強化した方がいいと思いますね。

Transcription(原稿)は公式サイトで入手可能。

公式サイト:Journal en français facile

Inner French

 

中級者(B1〜)以上なら、Inner Frenchは外せません!プレゼンターのHugo Cottonがフランスのあらゆるジャンルのテーマをピックアップして解説してくれます。テーマ選びは多岐にわたり、リスナーを飽きさせない工夫がされています。Hugoのしゃべり方も早すぎず遅すぎず、聞き取りやすい

「中級者向け」と謳っているだけあって文法・語彙の使用範囲はB1以上が求められます。「そろそろ初級者から脱出かな〜」という人は、いきなりニュース系を試すよりもこちらがおすすめ。

個人的に好きなのは、リスナーのメッセージを紹介するコーナー。毎回、世界中のリスナーから寄せられたボイスメッセージが紹介されます(過去に日本人も結構紹介された)。実は私、このコーナーに勇気付けられた人間でして(笑)、最初聞いた時は結構面食らいましたね。「みんな母国語の訛り、丸出しで喋ってるなあ」って。というのは私自身発音にものすごくコンプレックスあって、他人のフランス語を気にしすぎた時期があったからなんです。今は学習当初に比べれば、(知人のフランス人曰く)相当日本語訛りが抜けたらしいですが、まだまだネイティブからは程遠い…。でもここに登場するリスナーは多かれ少なかれ、母国語に引っ張られながらフランス語を話す人たちばかり。Hugoの取り上げ方もあるでしょうが、完璧に話してる人はほぼいません。このコーナーに出会って、改めて感じたのは「ネイティブ並みの発音にこだわる」のは日本人特有の現象ということ。無論、「正しい発音」は、どの言語も必要です。そうじゃないと通じませんし、リスニングの時も困ります。でも、母国語のアクセントに対して必要以上に厳しくしなくてもいいんじゃないかなと、思わせてくれました。おかげで前よりもっと発音練習するようになりましたし、多少訛っててもしゃべることに重点置けるようになったと思います。

Inner FrenchはYouTubeのチャンネルもあって、こちらもおすすめ。ポッドキャストとはまた別の内容なので、トータルでフランス語を理解するのに役立ちます。また、公式サイトではメンバー登録(無料)すると、各回のTranscriptionが閲覧可能になるほか、フランス語でよく使われるフレーズや表現をまとめた小冊子+オーディオがダウンロード可能になります。こちらも無料です。

公式サイト:Inner French | YouTube公式チャンネルはこちら

 

France Inter 23H

Français Facileがわかるようになったら、こちらにステップアップしてみましょう。話すスピードが少し早くなりますが、ニュースなので大丈夫。

Nouvelles Écoutes -La Poudre他

「Nouvelles Écoutes」で検索すると、かなりチャンネルが出てきますが、こちらは文化・教養系のpodcast。ニュースと違って、ハキハキ喋ってはくれません(笑)。いい意味でダルイ進行、ゆるゆるしたペースで哲学者や作家などにインタビューがされています。文法・語彙の使用範囲はB2以上ないとキツイです。リスニングが苦手な人はずっと傾聴しないと聞き取れないかも。こちらのpodcastは特に外国人向けではないので、本当にフランスで聴くフランス語のラジオって感じです。

電話インタビューなど音声があまりクリアでないものも収録されているので、DELF B2の聴解(Compréhension oral)の練習としてオススメです。

公式サイトはこちら

France culture Tin Tin

ベルギー生まれのバンド・デシネ、「タンタン」シリーズがpodcastで聴けます。

 
Sponsored link

初心者脱出のサインは?

完全に私個人の見解ですが、リスニングにおける「脱初心者」サインとしては以下の2点が挙げられると思います。

  • 聞き覚えのある単語や表現が増えてきた
  • 100~140語/1分が聞き取れる

フランス語における「聞き取りやすいスピードとリズム」は、1分間に140 〜160語。Français Facileの原稿で確認してみたところ、アナウンサーは1分間に約135語しゃべっています。なので、これは中級者以上には非常に聞き取りやすいスピードであるといえるでしょう。ちなみに第22代フランス大統領、ジャック・シラクは演説をする際、1分間に約100語ほどの速さでしゃべったといわれています。

参考・引用Parler à la bonne vitesse pour être compris de tous

1分間にそんな多い単語は聞き取る自信がない…、Podcastはまだちょっと…いう方は、Audibleが提供するオーディオブックがおすすめ。

毎回同じ音声ファイル聴くの飽きた!リスニングの初心者抜けのサインがよくわからない…という方は、「聞き覚えのある単語や表現が増えてきた」「100~140語/1分が聞き取れる」の2つを気にしながら、今回紹介したPodcastを聴いてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました